50.1%から4%台へ激減するアパレル国産比率。
“メイドインジャパン”を世界ブランドへ

アパレル製品の製造がコストの安い海外にシフトした結果、日本国内におけるアパレル品国産比率は1990年の50.1%から2009年には4.5%まで減少しました(経済産業省「繊維・生活用品統計月報2010年」)。しかしながら、世界の名だたるアパレルブランドは、“メイドインジャパン”への信頼が高く、製造を日本の工場に委託しているケースが多々あります。
世界から絶賛されるメイドインジャパンがまさに失われようとしています。ファクトリエのミッションは、この状況を変えることです。

「メイドインジャパン」の全ての工場が、海外生産に負けない高い技術を持っているわけではありません。ファクトリエは、これまで全国400以上の工場に直接訪問し、世界で戦える技術や誇りを持っていると判断した、まさに一流の工場のみと提携しています。その中には、某世界的有名ブランドの商品を作る工場も含まれています。

MESSAGE

夢は2020年東京オリンピックの選手団ユニフォーム

第125次国際オリンピック委員会総会が7日、アルゼンチンのブエノスアイレスで行われ2020年夏季五輪の開催地は東京に決定しました。ファクトリエは、メイドインジャパンの集合体・象徴として選手団のユニフォームとして採用されるファクトリーブランドを目指しています。

ファクトリーブランドという言葉は馴染みがないかもしれませんが、馬具工房として創業したエルメス、トランク製造工場から始まったルイヴィトン、カバンの修理工場だったグッチ等、世界の有名ブランドは元々、小さな工場(ファクトリー)から生まれました。職人の手がける傑作の一品を店頭で売るというシンプルな商売。20歳の頃、パリのグッチで見習いとして働く機会を得た私は、このルーツを知りました。

翻って日本を見れば、アパレル工場が不利な立場に置かれており、このままでは世界に誇る日本の技術・職人が途絶えてしまうという危機感があります。長引く不況と円高、ファストファッションブームにより、メーカーが低コストな海外生産にシフトした結果、国内におけるアパレル品国産比率は1990年の50.1%から2009年には4.5%まで減少しました(経済産業省「繊維・生活用品統計月報2010年」)。

さらに構造的な問題として、工場で商品が生み出され店頭に並ぶまでに、商社や卸等の中間業者が介在し、メーカーが低価格な商品を好めば好むほど、そのしわ寄せが工場に直接きてしまっている現状もあります。結果、工場は過剰な原価抑制を強いられ、倒産や人員削減が続いています。

今も、世界の有名ブランドの多くは、今でも日本の工場で作られています。もしメイドインジャパンがなくなれば、連綿と受け継がれてきたメイドインジャパンは消えてしまうでしょう。この状況を変えるには、アパレル業界の構造改革が必要と考えています。最高の品質とデザインを併せ持つ商品を、直接お客様へお届けすることで全国各地の工場の伝統が息づいたものづくりに、その手で直接触れてほしい、と思います。ここから、メイドインジャパンを、世界へ。
ぜひご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

PROFILE

1982年
熊本に生まれる。1917年創業の老舗婦人服店の息子として、日本製の上質で豊かな色合いのメイドインジャパン製品に囲まれて育つ。大学在学中、フランスへ留学しグッチ・パリ店で勤務。
2006年
ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社入社。メディア事業本部営業マネージャーを経て東京ガールズコレクションの公式通販サイトを運営する「fashionwalker.com」へ。社長直轄の事業開発部にて、最先端のファッションビジネスを経験。
2012年
ライフスタイルアクセント株式会社を設立。
2014年
中小企業基盤整備機構と日経BP社との連携事業「新ジャパンメイド企画」審査員。
2015年
経済産業省「平成26年度製造基盤技術実態等調査事業(我が国繊維産地企業の商品開発・販路開拓の在り方に関する調査事業)」を受託。年間訪れるものづくりの現場は100を超える。

SERVICE

ABOUT US

日本初の工場直結ジャパンブランド「ファクトリエ」

ファクトリエは、ファクトリーブランドに特化した事業展開を行っています。ファクトリーブランドとは、アパレル工場の“名前”で製造・販売を行う商品やブランドのことです。ファクトリエが目指しているのは、服そのものよりも有名ブランドの“タグ”がもたらす安心を買う現状に、新たな価値観を提示すること。何かアイテムを一つ手に取れば、きっとその良さに気づいていただけるはずです。

コンセプト

工場に適正な利益を。お客様には従来の「2分の1」の価格で、最高の商品を。工場で商品が生み出されて店頭に並ぶまでには、商社や卸などの中間業者が介在しています。メーカーが低価格化を推進させればさせるほど、工場は過剰な原価抑制を強いられ、倒産や人員削減に陥っているのが現状です。工場がしっかりとした利益を確保していくためにファクトリエが構築したのが、中間業者を完全に排除し、“作り手(工場)”と“使い手(消費者)”をダイレクトに結び付ける「工場直販」というビジネスモデル。流通構造をシンプルにしたことで、従来であれば2万円のアイテムを1万円でお客様にご提供できるだけでなく、工場も多くの利益を確保することができます。工場には適正な利益を、お客様には適正な価格で最高の商品を──。それがファクトリエのコンセプトです。

ミッション

世界に誇る“気高きメイドインジャパン”を復活させる。

世界の名だたるアパレルブランドは“メイドインジャパン”への信頼が厚く、製造を日本の工場に委託するケースは数多く見られます。しかし、コストの安い海外に製造がシフトしていく中、日本国内におけるアパレル品国産比率は1990年の50.1%から、2009年には4.5%まで減少。ブランディングやマーケティングだけを国内で行い、製造を海外に投げている現在のアパレル業界は、日本のものづくりとは言えません。

生地の裏側にある糸は、お客様の目に触れることはほとんどないかもしれない。でも、ファクトリエはそういった細部にまで魂を宿らせます。なぜなら、頭のてっぺんから足のつま先まで、一つの志のもとで製造工程が全てつながってこそ、伝えたい価値観が表現できるからです。本質をなくした販路拡大の末に日本のものづくりが失われていくのは、あってはならないこと。ファクトリエは、“メイドインジャパン”の気高き誇りを取り戻します。

フィロソフィー

語れるもので、日々を豊かに。

いつもの通勤電車も、愛着のあるネクタイを締めるだけで気持ちが昂揚したり、近所の散歩も、大切な人からプレゼントされたスニーカーで歩くだけで景色が新鮮に見えたり。服には、生活を彩る魔法のようなものがあります。しかもファクトリエが生み出しているアイテムには、誰かに話したくなるようなこだわりが盛りだくさん。まるで職人さんたちの想いまでも身に纏っているようで、何気ない日々にも心に潤いがもたらされていきます。

ファクトリエが提供したいのは、服を通して得られる豊かな生活。そして、ものづくりという文化を通して得られる豊かな人生です。生まれ育った国に世界から認められる文化があり、ふるさとに活気あふれる産業があることは、自らの尊厳を満たしてくれると言っても過言ではありません。何かを語りたくなるということは、そこに誇りを持っているということ。服と文化を通して豊かさを与えていくことを、ファクトリエはお約束します。

ビジョン

日本の工場から、世界一流ブランドをつくる。

「ものづくりからしか本当のブランドは生まれない」。これは、代表・山田がフランスに留学しているときに、グッチ・パリ店で学んだことです。馬具工房として創業したエルメス、トランク製造工場からはじまったルイヴィトン、カバンの修理工場だったグッチなど、世界の有名ブランドは元々小さな工房でした。その伝統と風習は今も根付いており、エルメスはフランス国内だけで約3500人の職人が在籍。若い人材の育成も積極的に行っています。

ファクトリエが目指しているのは、日本に本物のブランドを確立すること。愚直なまでに真面目な姿勢でものづくりに取り組み、時間とコストをかけてでも品質にこだわる美意識は、日本の工場ならでは強みです。効率至上主義の現代において、1時間に1本しかジーンズを生み出せない仕組みは非効率に映るかもしれません。しかし、ファストファッション全盛の裏で環境汚染や大量廃棄などの問題が巻き起こっている今、ファクトリエは一つのものを長く使い続けるという正しさを追い求めたい。日本発の世界一流ブランドをつくることで、今の風潮に一石を投じていきます。

私たちが守るべき指針・行動規範

カルチャー

COMPANY

会社名
ライフスタイルアクセント株式会社
英社名
LIFESTYLE ACCENT INC.
本社所在地
熊本県熊本市中央区手取本町4-7
東京オフィス & ガイドショップ
東京都中央区銀座8-12-11第二サンビル3F
設立
2012年1月20日
代表取締役
山田 敏夫
主要取引銀行
みずほ銀行
事業内容
メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」の展開
Map : 東京オフィス & ガイドショップ